脱毛器の効果

脱毛器の使い方で効果も違うの?

 

私が使用している脱毛器には、連射モードがあります。

 

デリケートな肌は痛みを感じやすいので、光の照射を弱い出力でおこなう必要があります。

 

しかし低い出力だとあまり高い効果が出ないので、それを補うために連射をするのです。

 

低い出力での連射なら、痛みを感じずに高い脱毛効果を得ることができます。

 

私はこの連射モードを使って、顔とVラインの脱毛とをおこなっていました。

 

顔もVラインもとてもデリケートな場所ですから、万が一肌を傷つけたり激しく痛んだりしたらどうしようと思うと怖くて、最初から弱い出力で連射をおこなっていたのです。

 

しかしある時、間違えてVラインに最大に近い出力で1回のみの照射をしてしまいました。

 

確かに痛みを感じたのですが、意外と我慢できる程度のものでした。

 

肌は照射後少し赤くはなりましたが、荒れたりはしませんでした。

 

しかも連射モードよりも高い効果が出て、その部分からはなかなかムダ毛が再生してこなくなったのです。

 

私の肌にはどうやら、低出力での連射モードよりも高出力での1回のみの照射の方が適していたようです。

 

その後は格段に効率よく脱毛器を使うことができるようになりました。

 

おかげでVラインも顔もすっかりつるつるの肌になりましたし、使用する回数や手間がかなり減りました。

 

脱毛器は、使い方次第でこんなにも効果が変わるものなのだと学びました。